睡眠と食事でニキビ改善

私はにきび博士です。中学入学から本当にながい間ニキビには悩まされました。
思春期で彼女も欲しいも、ニキビがコンプレックスとなって女の子と話すことすらままならず。
治療のために試した商品数知れず、海外の製品も試しました。
そしてにきび博士を自任できるぐらいの知識と経験を積んだにも関わらず、ほとんど効果が得られませんでした(なにもしなかったらさらに悪化していた可能性はあります)。

 

本当に数年に渡り努力しても、何の見返りも得られないというのは本当につらかったです。
さらにほとんどの病気が病院に行けば治るにもかかわらず、にきびだけはそんな簡単には行きませんね。

 

さらにニキビの処理を誤ると一生顔に跡が残るとの情報も得ていましたので、本当に毎日戦々恐々としていました。

 

私は主に顔面にニキビが集中しました。
首から下にはほとんどニキビができたことがありません。
なぜ私の場合背中などにはにきびができず、顔にだけ集中したのかその理由は今を持ってしてもわかりません。

 

ニキビ発症から10年ほどの時間が経過しましたが、今はたまにニキビが発生するも肌の状態は概ね良好です。
今の肌の状態に持ち込めたのは、「肌は内臓や体長の状態が現れる」ということに気付いたからだと思います。
以前は洗願方法であったり薬を塗ってみたりで肌の外側からの治療を試みていましたが、、その効果はあまり感じることができませんでした。

 

そこで新しいアプローチの一つとして生活態度を検証し、体の内側からの改善を試みたのです。
夜更かしをしない、脂っこい物を食べない、タバコを吸わない、ストレスをためない、等の肌の状態を乱す可能性のある行動を極力避けるようにしたのです。
すると思いのほか肌の状態は改善しました。

 

特に睡眠時間を毎日同じ時間に十分とることがにきびの改善に大きく貢献しました。
一度そういったコツを覚えてからは肌の状態のコントロールは随分楽になりました。
そして、生活自体も健康的になったので人生全体での恩恵はすさまじい物があると思います。

 

にきびの治療が人生を豊かにするなんて自分自身でもまったく予想だにしなかったことでした。
にきびを克服したことで多少の自信がついたこともあり彼女もできましたよ。