オレイン酸はニキビの敵?

クレンジングオイルのイラスト

みなさんはメイクを落とすとき、どうやって落としていますか?
洗顔とメイクが一緒に落とせる洗顔フォーム、シートタイプのメイク落としシート、クレンジングオイルと種類はたくさんありますよね。
その中でも、女性が一番メイクを落とすのに使っているのがクレンジングオイルです。
何年前からかはわかりませんが、いつからかクレンジングオイルでメイクを落とすのが主流になりました。

 

たしかにクレンジングオイルはメイクがとてもよく落ちるので、人気なのも納得できます。
だけのお肌にニキビが多くて悩んでいる、ニキビ肌の人にはオススメしません。
一体なぜだと思いますか?

 

一般的に発売されているクレンジングオイルには、オレイン酸が含まれているからなんです。
実はこのオレイン酸が、ニキビを悪化させてしまうそうなんです。

 

ニキビの原因として、有名なのがアクネ菌。
アクネ菌は皮脂が大好きで、ニキビの原因菌として有名なんですがこのアクネ菌なんですがクレンジングオイルに含まれるオレイン酸がアクネ菌の栄養の元となってしまいニキビをさらに悪化させてしまう可能性が大きいそうなんです。

 

まさかクレンジングオイルにそんな成分が入っているなんて、驚きですよね。
でも必ずしも、発売されているクレンジングオイル全てに使われているわけではありませんし使われていたとしても少ない量なら神経質になる必要はありません。

 

それにニキビの人に影響がないようなクレンジングオイルも発売されています。
ニキビに影響がないとされているのは、ミネラルオイルです。
価格も高いわけではないので、ニキビ肌の方で今つかているクレンジングオイルに不安がある方は試してみてください。